1. HOME
  2. 料理・キッチンスタッフ
  3. 定食屋さんの調理アルバイトの体験談

定食屋さんの調理アルバイトの体験談

失敗談

調理の仕事に興味があって応募したが向いてなかった

投稿者:30代・女 バイト内容:深夜の定食屋さんの調理アルバイト

料理が上達したくて調理師募集の定食屋さんの深夜アルバイトに応募して働き始めました。でも深夜の定食屋さんに行った事がなかったので、どんなお客さんが来るのかイメージが沸かずガテン系の男の人達に「大盛のご飯」と言われてよそっても「少ない」と言われたり他にも「声が小さい」とか「元気がない」とか言われ仕事にもお客さんにもあまり馴染めませんでした。定食屋さんだと元気なおばちゃんみたいなタイプがお客さん受けがいいんだなと思いました。

ただ「調理スキルを上げたい」というだけで希望の曜日や勤務時間ばかりを重視して応募先を探していました。お店やお店の雰囲気などはまったくリサーチしてなかったのでもっと自分でも行った事があるようなお店や来るお客さんもイメージ出来るようなお店に応募すればよかったと、とても後悔しました。

また子供を預けず働けるのが深夜なので深夜の時間帯に働くことに拘ってましたが、昼間の時間帯なら客層も違うかもしれないので昼間の時間帯でも探せばよかったと思いました。

仕事を早く覚えたら馴染めるかもしれないと思い仕事内容を覚えるために自宅でシュミレーションしたり早く出勤して先輩の仕事をみたり自分なりに努力してみました。お客さんの要望にも応えられるように一度受けたクレームは二度としないよう元気に振る舞うよう頑張ってみましたが、やはりお店のカラーに私が合っていなかったのか同じようなクレームが続き店長や先輩にも相談しましたが改善することができず結局転職しました。

次に選んだ仕事は以前にやったことがある業種だったので、すんなりと馴染むことが出来ました。興味のあることを仕事に選ぶのもいいけど自分に合っている客観的に見る事も大事だと思いました。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る