1. HOME
  2. 料理・キッチンスタッフ
  3. レストランの厨房調理アルバイトの体験談

レストランの厨房調理アルバイトの体験談

失敗談

貴重な皿を割った。大鍋を落とし調理したものがダメになった

投稿者:20代・女 バイト内容:個人経営の少し高級感のあるレストランの厨房内での手伝い

皿洗いや、料理の盛り付け、食材の野菜の準備など厨房内の作業の手伝いのアルバイトでした。お客さんが集中する時間には忙しく、汚れた食器が流しに溜まります。急いで皿洗いをしていた際、洗剤で手が滑り、貴重な皿を割ってしまいました。

また、次の日の下準備になる野菜を煮込んだスープの大鍋を移動する際、やはり手が滑りこぼしてしまい、食材をダメにしてしまいました。忙しい時間帯に、仕事を増やしてしまい周りの方にも片づけを手伝ってもらったため迷惑をかけ、何より手をかけ作った食材をダメにしてしまい、申し訳なく自己嫌悪に陥りました。

失敗した理由は、どちらも慣れからくる不注意と思います。アルバイトを始めた当初は、忙しい厨房のスピードに慣れるのに必死で、かなり緊張して、どの動作も細心の注意を払っていました。

スピードにも慣れ、仕事の流れもつかめ心に余裕が出てきて、その作業に慣れきった頃に起こりました。ふと考え事をしたり、動作が乱雑になったり、気が付かないうちに細心の注意を払うことを怠っていました。振り返れば、慣れてくると油断する部分が自分にはあります。一つ一つの作業がスムーズにできる分、自信による気のゆるみが出てしまいます。油断は大敵です。

幸い、お店の方が良い方でしたのでクビにならなかったのですが、クビになってもおかしくない状況でした。特にお鍋をこぼした時には。皆さんの温かい気持ちに応えなくてはと、自分の気をもう一度引き締め、頼りになるスタッフになるよう努めました。申し訳なさ過ぎて辞める選択も考えましたが、忙しい職場ならどこでも同じ状況が発生します。

今、この場所で自分を見つめようと思い、続けることにしました。失敗から学んだことは、慣れによる自信が過信につながる…という、自分の弱点を知りました。失敗は誰でもありますが、失敗を克服できる強さを培うことも大切と感じました。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る