1. HOME
  2. 案内・イベントスタッフ
  3. 交通誘導警備員アルバイトの体験談

交通誘導警備員アルバイトの体験談

失敗談

工事現場の交通整備で、間違えて別の工事現場へ行ってしまい遅刻

投稿者:19歳・女 バイト内容:交通誘導員

交通誘導員のアルバイトでは、その日によって行く現場が違うことがあります。例えば昨日は工事現場でも車両誘導、今日はデパートの駐車場での誘導などです。そしてある日、前日まで通っていた工事現場へ行き、そこに誰もいないことで、そういえば今日は別の現場だったと気がついたのです。慌ててその日行くはずの本来の現場へとタクシーで行き、一時間ほど遅刻をしてしまいました。ただ現場ではまだ仕事は本格的に始まっておらず、まだ車両誘導が必要なタイミングではなかったため、何とか事なきを得ました。

前日と同じ現場のときは、家から直接その現場へと直行します。そして現場が変わるときだけ私が所属していた警備会社の本社へ行き、そこまでの地図や行き方を教わります。そして確かに前日、現場が変わることは本社から知らされていたのですが、前日まで仕事をしていた現場がけっこう長い期間通っていたところだったので、いつものクセで行ってしまったのでした。なので私が遅刻をして失敗してしまったのは、明らかに普段の習慣から来るものだったと思います。

現場へは遅刻をしましたが、その遅刻を工事現場の作業員から多少叱られたくらいで、警備会社からはとくに何も注意を受けることはありませんでした。それは私がそれまでちゃんと仕事に取り組んでいたからだと思っています。交通誘導員というのは、お年を召した方も多いです。そしてそういった方の中にはついサボってしまう人もいました。そんな中まだ若かった私は一応まじめに仕事に取り組んでいたので、そこを認めてもらっていたのかなと思っています。なのでそれ以来、より仕事にはまじめに取り組むようになりました。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る