1. HOME
  2. 肉体労働
  3. 家屋解体工事アルバイトの体験談

家屋解体工事アルバイトの体験談

失敗談

怪我をして、病気になりそうになった

投稿者:23歳・男 バイト内容:家屋解体の仕事

家屋解体の仕事をしたことがあるのですが、家を壊すわけで埃がかなり出ます。それも田舎の地域であったために、木造や藁葺きの家なども多く、壁が土でできるところがほとんどです。

こうしたところで働いていたために、壊した壁や天井の釘を踏んでしまったり、重たい石を運んでいるときに、手を怪我して、何箇所か縫ったりしました。埃の吸いすぎのせいか、体調も悪くなり、労働環境が悪く、大失敗でした。また現場の言葉遣いが悪く、あまり良い影響を受けなかったことです。

こうしたことの原因ですが、解体の仕事が忙しく追われているのでどうしても言葉遣いは汚くなってしまうでしょうし、埃対策としてはマスクをすればよいのでしょうが、それをしている作業員もいませんし、マスクをしていたら仕事にならないという点もあったと思います。

埃で家の中が真っ暗になりますので落ちている釘や木などもなかなか気がつく事ができないという点がそうしたことにつながってしまったのだとろうと思います。怪我や埃を避けることも言葉使いに注意することも容易ではない環境でした。

最終的に1年くらいでこのアルバイトは辞めることになりました。身の危険を感じたこと、このまま続けていればもっと大きな怪我をするかもしれないと思ったからです。ですが、良い点もあったわけで、給料は良いですし、アルバイトでもボーナスを少し出してもくれました。

仕事はぼちぼちやってはいけない、気張らなければならないということを学ぶことはできました。仕事中は厳しくも休憩時間中は皆が優しい人になってくれたということです。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る