1. HOME
  2. 製造スタッフ
  3. お弁当製造アルバイトの体験談

お弁当製造アルバイトの体験談

失敗談

外との気温差で体調を崩しました

投稿者:28歳・女 バイト内容:工場のラインで、コンビニのお弁当を作る仕事

私はこの仕事は新聞に入っていた広告で知りました。その頃、休日のアルバイトを探していて、家からもわりと近かったので、このアルバイトをすることにしました。季節が夏だったということもあり、外は30度以上の中、汗をかきながら職場に向かいました。

しかし、工場内はチルド室なので、常に0度に設定されています。最初の頃は寒くて仕方がありませんでした。そこで、長袖を着て防寒対策を行って仕事をしました。しかし、仕事が終わるとまた30度以上の暑さの中を帰宅します。この温度差のギャップに、だんだん身体が対応できなくなっていきました。そこで体調が次第に悪くなっていきました。当初半年は、勤めるつもりでしたが、結局2カ月でこのアルバイトを辞めることになりました。

コンビニのお弁当を作る工場は寒いのが当たり前です。1日中、冷蔵庫の中にいるのと同じことです。しかし、そのことをあまり重視していませんでした。それに外は炎天下で毎日暑かったので、暑い職場よりは寒いくらいで丁度良い、と安易に考え過ぎてしまっていたのかもしれません。

気温のギャップが、これほどまでに体調を悪化させるとは思っていませんでした。この職場では同じように、気温のギャップで体調を崩している人もいました。もう少し体調管理を考えれば良かったと後悔しました。

時給もかなり低かったですし、体調を崩してまで無理してアルバイトをする必要もなかったような気がします。仕事はやってみないとわからないことも多いです。しかし、身体が資本なので、身体を壊してしまっては何にもなりません。

もし、今後このような環境で働くのなら、夏以外の季節にしたほうがよいと思いました。特に冬場は外も工場内も同じような温度です。しかし、寒すぎる環境は、身体が冷えるのでやはりあまり健康には良くないと思います。できればこういう環境では、仕事をしないでいきたいと思っています。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る