1. HOME
  2. 配達・デリバリー
  3. 運転手・ドライバーのアルバイト体験談

運転手・ドライバーのアルバイト体験談

失敗談

車をぶつけ、荷物を壊した

投稿者:20歳・男 バイト内容:4トントラックの運転

4トントラックの運転のアルバイトをしたときに、ブレーキランプが故障して警察に捕まり切符を切られたり、トラックのミラーを電柱に当てて壊してしまうこともありました。

そして極めつけは運んでいる荷物はパレットにラップ巻きでぐるぐるして固定しているのですが、急ブレーキをかけたときに荷物がすべってトラックの荷台の中で荷崩れを起こし、商品がだめになってしまったということです。会社としてはけっこうな損害になってしまったみたいで迷惑をかけてしまいました。

ブレーキランプの故障に関しては運転席からいつもと違うランプが点灯しているのに気がついたのですが、気にしていませんでしたのでそれがいけなかったと思います。ミラーを電柱に当てて破損してしまったことに関しては自分の不注意で、気の緩みがあったのだと思います。

そして荷崩れを起こしてしまった急ブレーキですが、その点に関しては状況で仕方がなかったと思うのですが、荷物がしっかりとラップされていなかったことが問題になりました。しっかり巻いてあれば急ブレーキでも荷崩れはなかったのです。

トラックの運転は慣れると慎重さがなくなっていきます。そのような隙が失敗の原因になりましたので、いつでも注意を払うこと、そして荷物を積むときにはしっかりと梱包されているかどうかを確認すること、そして自動車の調子、整備といったことも自分の責任としてしっかりとチェックすることが大切であることがわかりました。こうした失敗を通して運転に責任を持つことができるようになりましたし、今ではゴールド免許をもらえるまでになりました。

職場の雰囲気

話してみると意外に良い人ばかり

投稿者:22歳・男 バイト内容:運送業の配送助手

運送関係のお仕事に対して、「ちょっと怖そうな人が働いている」と思っている方も多いのではないでしょうか。私も少なからずそういった気持ちを持っていましたが、初めて働いた時はイメージ通りでしたね。実際、いかにもガテン系で怖そうな見た目の人も多かったですし、バイトとして入った初日からいきなり「あれやっとけ、これやっとけ」と命令口調だったりしました。雰囲気も殺伐とした感じがあったのですが、しかしながら話してみると良い人ばかりという事に気付きました。厳しいどころか優しい人が多く、溶け込む事ができれば案外働き易いかなという印象でしたね。

私の就いた仕事は配送助手だったのですが、要は家電などを配送する際にドライバーと一緒に持って行くのが主です。お客様が購入した大切な商品という事もあり、細心の注意を払いながら運ぶ訳ですが、その際にはドライバーとの意思疎通が大切でした。例えば冷蔵庫を運ぶ際にも「こっちはもうちょっと余裕があるので大丈夫です」など、お互いに声を出し合い、安全に運べるように努める事が重要です。その為、些細な事でもどんどん相手に伝えられるような人の方が働き易いと思います。

こういった力仕事のバイトのスタッフの中には一見怖そうであり、そして見た目通りの短気な人もいたりするのですが、話をしてみると良い人だったりしますので、兎にも角にも打ち解けるようにコミュニケーションをする事が大切だと思います。最初は冷たい人でもコミュニケーションをするようになってからは優しくしてくれたり、手伝ってくれたりしますので、関係を深めるというのはとても大切だと感じました。「どうせバイトだから」などという意識でろくにコミュニケーションもせず仕事をしていると働き難い環境になりますので、自分から率先してコミュニケーションを図るようにした方が良いと思います。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る