1. HOME
  2. 肉体労働
  3. 品出しアルバイトの体験談

品出しアルバイトの体験談

shinadashi

品出しバイトとは、主にスーパーやコンビニ、デパート、その他店舗の商品を陳列するアルバイトです。

コンビニバイトなど店舗内作業に含まれる場合もありますが、品出し専門として募集されることもあります。

基本的にチームワークなどは問われませんが、二人一組で店舗を回るバイト先もあるため、そのような場合は相方との相性問題が起きるかもしれませんね。

仕事はハードではなく女性や力のない人でも可能です。ただ陳列棚の高さや、商品の数・重さなどで体に負担がそこそこかかる場合もあります。またスーパーなど陳列完了までの時間制限がある場合もあり、その際はのんびりしていられないバイト内容です。

時給は平均的。肉体労働の範疇に入りますが軽作業なので特段金額がいいわけじゃありません。ただバイト先次第でかなりノンストレスで黙々と働けるので悪いバイトじゃないですね。

応募先の探し方

品出しバイトはバイトルで探すと見つかりやすいです(なぜバイトルなのか?その理由はこちら)。

職種で探す場合
軽作業・物流 > 商品管理・倉庫管理
販売 > コンビニ・スーパー

検索で探す場合
「品出し」 「ピッキング」

満足度No.1バイトルで品出しバイトを見つける人はこちら

失敗談

重いものを無理に持ち上げようとして腰を傷めてしまいました

投稿者:30代・男 バイト内容:地元の大手スーパーでの品出し

私は地元ではわりと名の知れた大手スーパーで、品出しのアルバイトをしていました。品出しの仕事というのは、一見誰にでもできそうな簡単なアルバイトだと思われがちです。私も始めるまではそう思っていました。担当は豆腐や漬物などのいわゆる「日配部門」というところでした。

実際に始めてみると、開店前の時間との闘いでした。お客様がいらっしゃる前に、だいたいの商品を陳列しなければならないというとてもハードな状況でした。その際に無理して重い商品を持ち上げて腰がグキッといってしまいました。

お客様が入店する前に、出来る限りの商品を並べなければいけないというプレッシャーがありました。お豆腐などのいわゆる「水物」と呼ばれている商品は、たいへん重たいもので力が要るお仕事です。

もともと腰は弱いほうではないと自負していましたので、商品が入ったケースを持ち上げるときに注意をしなかったのが良くなかったと思います。重たいものを持つときは、身体に負担のないような体勢で持ち上げるようにすれば良かったと思います。

腰を傷めてしまった結果、そのお仕事を続けることが出来なくなり辞めることになりました。せっかくお仕事自体には慣れてきましたので、少々もったいないという気持ちがありましたが身体を壊しては元もこもないということで、退職させていただきました。

それまで腰を傷めた経験のない私は、甘く見すぎていたようです。いくら体力に自信があるからといって過信しすぎるのはよくないことだと身をもって経験しました。なにごとも慎重に行動するのがベストだということを学びました。

職場の雰囲気

パートのおばさんの確執

投稿者:20歳・男 バイト内容:ホームセンターの品出し

職場の雰囲気はとにかく忙しくて、支えあう点では良かったのですが、決して楽しい雰囲気でありませんでした。1店舗あたり店長、店長代理、主任の3人の社員がいるのですが、店長はいつも死んだような顔をしていましたので、相当忙しかったのだと思います。私たちアルバイトやパートは世間話をすることが多かったですが、パートのおばさんの中にはリーダー格の人とそれに操られていて、とても嫌われているおばさんもいました。一見ふつうの休憩時間のようでしたが、そのお二方が揃うと変な空気になっていました。

業務内容としてはレジ打ちと商品の陳列・品出しなので、そんなに同僚との連携や意思疎通は必要ではなかったような気がします。レジ打ちは坦々と商品を読み込み、おつりを渡すだけですし、品出しはその名の通りの業務でした。ただし、ホームセンターには重い商品も多数ありますので、女性の多い職場では、私たち男性アルバイトに「後で手伝ってください」というような要請は多数来ていました。従業員は皆レシーバーを持っているので、困ったことがあったら応援を呼ぶことができました。

基本的に人の悪口は言わないことです。いつどこで聞かれているかわかりません。休憩時間中に悪口を言ってくる人がいますが、軽く相づちを打つぐらいにしておいて、「どう思う?」と言われたら「そんなことないと思いますよ。」や「わからないですね。」と濁すような回答にしておきましょう。たとえ、そのように思っていたとしても、便乗するような回答はやめてください。私たちアルバイトは非常に権力の弱い者なので自分を守る意味でも悪口は言わないことを徹底してほしいと思います。

作業をマンツーマンで教えてくれる先輩は選べない

投稿者:27歳・女 バイト内容:大手出版物流通会社内にて書籍の発送業務

ライン上に流れてくる伝票を見ながら、その後ろからついて来る箱に本を入れる作業です。この作業は、バイトの先輩からマンツーマンで仕事を教わります。熱心に丁寧に仕事を教えてくれる先輩が付いてくれれば問題無いのですが、明らかにコミュ障な人や仕事をあんまり教えずに自由気ままな先輩もいるので、そこが要注意です。作業の監視者などは特に居ませんが、どうしてもラインの流れについていけない場合はラインを止めて作業する事も出来ますが、他の作業者の非難を浴びる事もあります。休憩中はタバコを吸う人が多いので、吸わない人の居心地が悪いと言うギャップが発生する職場です。

同期で入って来たメンバーとは仲良く過ごせる可能性が高いです。ただ、ちょっとだけ数週間だけ先輩とか、入ってきた時期が少しずれるだけで先輩風をやたら吹かす人が多いです。作業中に何か疑問やオカシな箇所を見つけたら、正社員の人にその旨を伝えることで解決します。その問題を担当している人が掛けつけてくれるので、特に個人的に心配する必要はありません。ただ、そう言った問題を隠すのは駄目です。後に業務全体の損失になりかねない問題に発展する可能性がるので、オカシイと思ったら必ず申告して下さい。

この仕事で人間関係を良くしたいとするならば、仕事が上手い人になる事です。仕事を中々覚えなかったりいつまでたってもラインを止めてばかりいると、かなり扱いが適当になります。仕事を早く覚えてかつ、上手い人になると古くからいる人にも尊敬されて一目置かれる様になります。バイト仲間からだけではなく、社員の人からも尊敬されます。と言う事から、この職場の人間関係の良し悪しを左右するのは、仕事の出来る出来ないに比例していると言っても過言ではありませんので、頑張れば上手くやって行けると思います。

淡々と仕事をして終わったらすぐ帰る、人間関係が薄い仕事

投稿者:22歳・女 バイト内容:コンビニの棚おろし

正社員1人と、アルバイト3人くらいのグループで作業をするのですが、アルバイトは私を含め経験の浅い人が多く、毎回違うメンバーで仕事をするので人間関係が浅い仕事でした。初対面の人がいる場合も多く、顔と名前が一致する程度の人がほとんどでした。

仕事中は、作業はみんな別々で話をすることはまったくなく、休憩時間も、お昼ごはんを食べ終わったらすぐにまた仕事に戻る感じで、あまり話をすることはなかったので、上下関係も、同僚とも、いいことも悪いこともなく、人間関係は薄い感じでした。

あちこち、色々な種類のコンビニエンスストアに行き、そのお店で陳列されている商品の在庫がどのくらいあるかを調べる仕事です。棚を見て、この商品がいくつ、と数を数えて調べていきます。ここからここの棚は誰、ここからここまでは誰、というように完全に分担して作業をするので、仕事中は話す機会はまったくありません。単純な作業なので、ベテランの人は作業が早く、経験の浅い人は作業が遅いため、分担した場所の作業が終わった人は他の人の場所を手伝ったりもしますが、無言で手伝うか、一言声をかけるかくらいでした。

アルバイトは主婦、学生、フリーターなど色々な人がいて、年齢も10代から50代まで幅が広く、本当にいろいろな人がいる仕事ですが、毎回違うメンバーでの作業だし、移動している間とお昼の休憩時間くらいしか接する機会がないので、浅い人間関係しかありません。

リーダーの正社員の人だけは毎日仕事をしているため、何度も同じ人と一緒に仕事をすることになります。仕事が全部終わったら解散なので、みんな早く終わらせたくて、さっさと仕事をしてさっさと帰りたい、といった感じなので、人間関係のトラブルはとても少ない仕事だと思います。

品出しバイトが探しやすいバイトルはこちら

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る