1. HOME
  2. 軽作業
  3. 新聞チラシ折込チラシアルバイトの体験談

新聞チラシ折込チラシアルバイトの体験談

職場の雰囲気

短期バイトながらもきちんと協力し合える良好な関係

投稿者:18歳・男 バイト内容:チラシ広告の折り込み

職場にいる人間模様は様々で、老人から若者、力仕事が得意そうなおじさんもいました。数万部のチラシを、2日間ですべて折り込むという単純作業なのに過酷な業務内容でした。作業は仕事を取りまとめている主任に業務内容を一度聴いたら、それを分担してやるだけでした。

作業する人間は年齢・性別がバラバラなだけで、上下関係などはありませんでした。あまりに様々な人が働いていたので、最初は仲良くなれるか不安でしたが、働いているうちに作業に工夫を凝らしたり、世間話をしたりして、仲良くなれました。

数万部を2日で折り込むのはとても大変です。まず折り機にチラシをセットし、折られた用紙を次は人の手で丁寧に折ります。その後封筒に入れるのですが、チラシの種類が5つほどあり、種類ごとに作業が変わってくるので、2日という時間で終わらせるにはどれを先にやったほうがいいのかなどを考える必要がありました。

どれぐらいの進捗なのかを皆に知らせる必要があったり、作業工程を見直してもっと作業効率が良くならないか話し合ったりと、単純作業ながらも連携や意思疎通はとても重要な職場でした。

これは2日間の短期バイトでバイトメンバーは適当に集められた人たちです。なので年齢や性別などバラバラで仲良くなるには多少のコミュニケーション能力が必要かと思います。アドバイスとしては人を見かけで判断しないことです。

この人は仕事ができなさそうだと思っても、一応できるのか聞いておきましょう、初見で年齢が同じか下だと思っても、最初は敬語を使いましょう。最低限のマナーかもしれませんが、意外とできてないものなので気を付けるようにしたほうがいいと思います。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る