1. HOME
  2. 製造スタッフ
  3. 工場組み立て流れ作業アルバイトの体験談

工場組み立て流れ作業アルバイトの体験談

失敗談

力配分が分かっておらず、手首を痛めて仕事が出来なくなった

投稿者:18歳・女 バイト内容:工場の流れ作業

工場でグループごとに部品を組み立てる流れ作業の仕事でした。常に手を動かし部品を効率よく、数多く組み立てていく事が求められます。流れ作業を行うのが初めてという事もあり、力の入れ方・配分が分かっておらず、手首を痛めて腱鞘炎になってしまいました。結果、数日間作業を行う事が出来ず欠勤する事になり、グループの達成率が落ちてしまいました。

また、立ち仕事なので足の冷えや疲れから身体のだるさを感じるようになり、作業に集中出来なかった日もありました。

初めから力を入れて頑張りすぎてしまった事が原因だと思います。周りのペースを見ながら、周りはどのように行っているのかをまず感じる事が大事だったと思います。怪我をしてしまうとグループにも迷惑がかかる事、欠勤するとその期間の作業効率が落ちてしまうという認識が無かった事も原因です。

また、身体の不調を自分自身で把握し、早めの対処を行っていれば違ったのではないかと思います。周りとコミュニケーションを取り、アイデアや対処方法を教えてもらえばよかったです。

周りのペースを見ながら、周りはどのように行っているのかを感じる事。そして徐々に力を入れたり抜いたりする事で怪我を回避し、集中力を持続する事が大事だと思いました。短期バイトだった為、何とか残りの作業日数を無事に終える事が出来ましたが、怪我をした期間は数日仕事が出来ずに迷惑をかけてしまいました。

自分が欠勤する事で迷惑がかかってしまう事や、自分自信の体調管理は大事なのだと感じました。逆に誰かが欠勤の時にはグループの皆で力を合わせ、達成率を上げていく楽しみを知る事も出来ました。

漏れなくバイト募集が見つかるサイト

アルバイト情報サイトは、同じ募集案件が掲載されているようで実は違います。特に差が出るのがマイナー職種やメジャー系ではないチェーン店、個人商店のバイト募集。これらをカバーしつつ、短期バイトもしっかり見つかるのがバイトルです。

バイトルいい案件を見過ごしにくい

とりあえずバイトルで探しておけば、珍しい系のバイトもお目にかかれます。ちゃんとメジャー系も網羅しており、他のサイトも見ておかないと…という手間がないので安心。応募前に他の人がどれだけ応募しているか分かるのも、人見知りしやすい、競争が激しくないバイト先を探している人も好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る